新車のガラスコーティングとは

新車を購入した方々は、よく新車にガラスコーティングを行っています。現にガラスコーティングは、大きなメリットはあるのです。汚れの付きやすさに関するメリットは、多くの方々が高く評価しています。
それともう1つメリットがあって、掃除の労力が軽減される事です。車を定期的に洗浄する必要があると分かっていても、実際それを行うのは、かなりの労力も求められます。その労力が小さくなる点は、やはり高く評価されているのです。
例えば、水洗いに関するメリットがあります。本来は車に対する洗浄をする時には、水などでは不十分です。水だけでなく、スポンジなども使って洗浄しなければなりません。
場合によっては、ブラッシングなどもしなければならないのです。そして車に対する洗浄作業は、それなりに時間を要します。1時間ほどかけても、洗浄作業が完了しない事もあります。
しかも、それをほぼ毎週のように行う訳です。ですから車の持ち主としては、その労力の大きさで閉口している事も少なくありません。
ところがボディコーティングを行っておきますと、その負担もだいぶ軽減される訳です。何せコーティングを行った後には、非常に簡単に汚れを除去できるようになります。水洗いだけでも十分なレベルになるのです。上記のスポンジなどは使う必要はありません。
ましてブラッシングなどは、ほぼ不要になると考えて良いでしょう。ブラッシングを行ってしまいますと、かえってコーティングに悪影響が生じる事もあるので、注意が必要です。それだけ掃除の労力が抑えられる訳ですから、新車を購入した方々は、よくカーコーティングを検討しています。
それと冒頭でも触れた汚れのメリットも非常に大きいです。とりわけ固着防止のメリットなどは、多くの方々が高く評価しています。
そもそも車の表面部分に生じた汚れは、硬くなってしまう事があります。何か汚れが付着した時でも、できるだけ早い段階で除去してあげれば、特に問題はありません。早期対応を行ってあげれば、頑固な汚れなども発生しづらくなるのです。
ところが汚れ除去が遅れてしまいますと、大変なのです。例えば鉄の粉などが、車の表面部分に付着する事はあるでしょう。それを当分の間放置してしまいますと、車の表面に対して鉄粉が付着してしまうのです。いわゆるこびり付き状態になってしまいます。
その状態になると、もはやブラッシングでも取れない状態になってしまうのです。非常に頑固な汚れである事は、ほぼ間違いないでしょう。
このように汚れが固まってしまうのは、いわゆる固着と表現される場合があります。もちろんその汚れを放置しておけば、見た目に関する問題はありますが、何せなかなか取れないので厄介です。ですから、洗車というのはなかなかハードルが高めな一面があるのです。
ところが上記でも触れたガラスコーティングを行っておきますと、そういう問題点も発生しづらくなる傾向があります。何せコーティングを行えば、車に付いてしまった汚れが、固着するのも防止できるのです。頑固な汚れが発生しづらくなる訳ですから、普段の洗浄の労力が大きく軽減される事だけは、ほぼ間違いないでしょう。
ちなみにガラスコーティングを行わないという選択肢も、必要はあります。しかしその場合は、車に関する厳重管理が必要になるでしょう。車の細かな部分まで見落とさないほどの管理体制が求められる事になります。
しかし、現実にはそれは著しく難しいでしょう。やはり細かな汚れは、見落としてしまいがちです。逆にカーコーティングを行っておけば、そもそも汚れの固着が発生しづらくなるのですから、特に問題はありません。
すなわち「手入れが手軽になる」のと「固着を防げる」という2点が、ガラスコーティングの主たるメリットです。