カーラッピングにコーティングできるか?

ラッピングフィルムは、しばしば車を保護する目的で設置されています。車に対しては様々な傷なども生じますから、何とか防ぎたいと思う事があるでしょう。車を守りたい時には、確かにラッピングフィルムは有効なのです。
そうかと思えば、そのフィルムには車を目立つようにしてくれます。独自のアニメキャラなどが採用されたフィルムを設置すれば、かなり注目を浴びる事も可能です。ですから最近では、ラッピングフィルムを検討する方々も増加傾向にあります。
その反面で、ラッピングフィルムには注意点もあるのです。主に3つの注意点がありますが、まず洗車などには注意を要するでしょう。
そもそもラッピングフィルムは、状態も変化してきます。物には必ず経年劣化という概念がありますから、ずっとそれを貼り付け続けていれば、どうしても劣化してしまう傾向はあるのです。
ただその劣化の程度も、普段からの状態に大きく左右される傾向はあります。基本的に、あまり強い刺激は避ける方が良いでしょう。
それで1つ目の注意点ですが、ラッピングフィルムに対しては、あまりブラシなどを使わない方が良いです。そもそもフィルムを設置した後には、やはり車に対する洗浄作業は行う必要はあります。いわゆる洗車です。
洗車をする事自体は、大いに意味があります。やはり車の見た目を維持したい時には、洗浄をするべきでしょう。
ところが洗浄すると言っても、コツはあるのです。少なくとも硬いブラシで、強く洗浄する事だけは避けるべきです。なぜなら、洗車傷が考えられるからです。
車の初心者の方々などは、たまにこのブラシの洗浄で失敗しています。硬いブラシで、車を強くこすっているからです。
しかし、それだけは避けるべきでしょう。むやみに硬い物で車を洗ってしまえば、当然洗車傷の原因になります。またそれは、ラッピングフィルムを傷付けてしまう原因になるのです。フィルムを設置した後には、基本的にはブラシは使うべきではありません。やはりソフトな洗浄方法を心がけるべきでしょう。手洗いなどでも十分なのです。
2つ目の注意点ですが、ガソリンスタンドなどにある洗車機の利用です。そもそもガソリンを補給すると同時に、洗車機を使っている方々もかなり多く見られます。確かに車の表面に付いたホコリなどを除去したい時には、それを使った方が良いという発想も生じるでしょう。
しかしラッピングフィルムを設置した後には、それは行うべきではないのです。そもそも洗車機による洗浄では、それなりに車に対して刺激なども生じる事になります。なかなか目視で確認するのも難しいですが、確かに刺激は発生しています。
もちろん車本体だけでなく、ラッピングフィルムに対しても刺激は加わってしまう訳です。少なくともフィルムを貼り付けてから1週間程度は、洗車機は使うべきではありません。設置してから1週間も経過していないタイミングですと、フィルムは比較的取れやすいからです。
そして3つ目の注意点ですが、洗浄はできるだけ細かく行うべきです。上記でも少し触れた通り、ラッピングフィルムを設置した後には、手洗いや水洗いでも十分なのです。ところが、汚れがこびり付いた時は話は別です。やはり長らく車を放置しておきますと、汚れが付着してしまう事はあります。
それで一旦汚れが強く付着してしまいますと、非常に厄介な状態になるのです。簡単には、汚れを除去するのが難しくなってしまいます。
このためラッピングフィルムを設置した後には、できるだけ細かく汚れを取り除くべきでしょう。1週間に1回などでなく、できれば2回などと頻度多くするべきです。
つまりラッピングフィルムに関しては、ブラシと洗浄機と細かな洗浄という3つの注意点がある訳です。

 

PR|お小遣いNET|東京 クルージング|JALカード|アフィリエイト相互リンク|GetMoney|パイルバンカー即時登録リンク集|グレートウォール相互リンク集|オラトリオ自動登録リンク集|ハシエンダ自動相互リンク|初値予想|育毛剤|エステサロン海外バイナリーオプション看護師求人Page Rank KING人気サイト全身脱毛看護師 転職ネットショップ 開業副業ランキング

iPagerank|
ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank